世界80カ国にまたがるホテルチェーン

「ベストウェスタンプレミアホテル長崎(BEST WESTERN PREMIER Hotel Nagasaki)」は、世界80カ国に4,200店以上を持つ大手ホテルチェーンの支店の一つです。

日本国内では長崎の他に名古屋や那覇、大分、大阪といった都市部地域にチェーン展開をしています。

ですがそれら日本国内のチェーン店の中でもひときわ存在感があるのが長崎で、他の地域にはないようなお得で使いやすいサービスを提供しています。

立地としては長崎の中心地となっているJR長崎駅から徒歩8分というところにあり、電車・自動車どちらでも便利でアクセスしやすいところとなっています。

より遠方から訪れる人にも長崎空港から車で60分なので、送迎で充分に対応をすることができます。

ホテルからはすぐ長崎港の景色を見ることができるようになっており、過去に国際会議にも使用されたバンケットルームを使用して行う挙式披露宴はまさに世界最高レベルの格式を持たせることができます。

ホテルの中には4つのバンケットルームがあるので式の規模や演出方法によって使い分けもできます。

披露宴会場の優雅なスケールが特徴

このホテルを利用するときに一番に注目をしたいのが披露宴会場の優雅さです。

かつて国際会議にも使われたことがあるという実績は伊達ではなく、日本国内のどの高級ホテルにも負けない優美な内装と雰囲気がただよいます。

中でも最も大きな部屋である「ザ・プレミアムホール」では、天井部分まで8mという大きな作りをしており、部屋の天井中央には巨大なシャンデリアが置かれています。

室内の装飾も細かい部分にまで作りこみがされており、部屋全体では約500名までを着席収容できるようになっています。

他にもグランドピアノが置かれている「ザ・サファイヤ」や、こじんまりとしていつつも海外のゲストハウスのような高級感のある「ザ・アメジスト」、クラシック調にまとめられた「ザ・エメラルド」、プライベートウェディングに最適の「スイート」と用途によって使い分けができます。

室内の様子やテーブルの配置などは定期的に行われているブライダルフェアに参加をすることで実際に確認ができるので気軽に参加してみるとよいでしょう。

チャペルと神殿から選べる式場

披露宴の前の挙式会場も高級ホテルらしくかなり荘厳なものです。

施設は2つとなっており、洋風のキリスト教式ウエディングのためのチャペルと、和式の日本的挙式のための神殿とがあります。

チャペルは純白を基調に森の中にいるような光に溢れた演出がされており、ヴァージンロードはまるで光の道のような美しさとなっています。

反対に神殿は諏方神社の分殿ということもあり格式も高く、重々しい伝統を感じさせる木造の構造となっています。

ホテルでは各種衣装のレンタルもしているので、式場の雰囲気にぴったりあった衣装をその場で着用可能です。